音楽

2019年5月 8日 (水)

津軽のカマリ

 (2019.5/12加筆)なんか、Youtubeで竹山の初演ではないかというのが出てきました。

 

 なんか去年あたりから高橋 竹山がYouTubeに出てきて、お化けじゃないけどね、チョコチョコ聞く。これもワールドミュージックの範疇だろうからか。沖縄の三線も独特な響きやけど、津軽三味線は歌の無いものを聞くことが多いし、一つの楽器として表現しようとする気概があるように思う。寒いところで悠長に歌なんか歌ってる場合じゃなかったのでしょう。音色の迫力を聞いてもらうという方に偏っていったんだと思います。竹山自身が目が見えないから、昔の琵琶法師みたいなもんだよな。突き詰めていったら、津軽三味線の音だけで表現することになったんだと思います。ようわからんけど。

 NHKの動画の中で、「つらいことは忘れない。つらいことは体がざわめいてくるから、やっぱり忘れられないなあ。」目は見えても、形を変えて同じような体験をしている人も多いでしょうね。でも、この人は実際目の見えない中で、一芸を突き詰めたので、すごいと思います。

 今日聞いたのはこちら。

 

 少し前に、宮古島でもやってたのかどうか、「津軽のカマリ」という映画が最近造られたようです。竹山かと分かれば少しは見に行く気になったかもわかりませんが、「津軽のカマリ」という題だけでは、なんか暗い話かと思ってしまいますよね。題名一つで変わりますよね。

 

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

Gipsy Kingsの「Djobi, Djoba」

 あったかくなってきたら聞きたい曲です。今は仕事場で聞いています。

 この記事でちょこっと紹介してから、また古いライブの動画が見つかったので、それを紹介しながら、Gipsy Kingsを振り返ってみます。

 まず、先日紹介した「Djobi, Djoba」のMVはこれ。

 

 若かりし頃の思い出の曲なので、いろいろ考えさせられます。このブログでも、2007年に紹介しているみたいです。 2007年の記事にも書いていますが、俺はGipsy Kingsの曲の中ではこれが一番好きです。それは、思春期にすばらしいCMを見たから。すばらしいCMですが、YouTubeでは検索できませんでした。またチャレンジしてみます。

 まあ、このMVもいい感じです。

 この曲を聞いて、買ったCDも紹介しておきます(画像から、タワーレコードのHPにリンクしています)。

購入したい方はここからアマゾンで

 Gipsy Kings自体は、どんなグループかもよく分かりません。親戚関係の人たちという事だけど、メンバーはいろいろ変わってるみたいです。世界で1000万枚とか売れると、単純に200億円くらいになるし、親戚だけどお金で関係が崩れることもよくあることですよね。

 Wiki情報だと、

 リードボーカルとギター ニコラ・レイエス (Nicolas Reyes)

 リードギター トニーノ・バリアルド (Tonino Baliardo)

 ギターとボーカル カヌート・レイエス (Canut Reyes)

 ギターとボーカル ポール・レイエス (Paul Reyes)

 ギターとボーカル パチャイ・レイエス (Patchai Reyes)

 ギターとボーカル アンドレ・レイエス (Andre Reyes)

 ギター ディエゴ・バリアルド (Diego Baliardo)

 ギター パコ・バリアルド (Paco Baliardo)

 あとギターとボーカル チコ・ブーチキー (Chico Bouchikhi)も当初メンバーだったそうです。

 これにバックバンドを加えたら、米米CLUBにも劣らないビッグバンドだなあ。

 そうそう、最近見つけた古いライブ映像はこれ。

 

 宮古でもFM沖縄を聞けるようになったので、ちょこっとRBCiラジオに飽きた時に聞いてますが、聞いたその日に早速、ワールドミュージックっていう言葉が出てきたことがうれしかったです。

 やっぱり、Gipsy Kingsは日本でのワールドミュージックの先駆けだよな。

 他にも、俺が持っているCDを紹介しておきますので、興味があったら見てみてください(画像からタワーレコードのHPにリンクしています)。廃盤なのに値段がついてるってどういう事だろうな。当時の値段ていう事かな。

 

 聞いてみたい方はここからアマゾンへ

 

聞いてみたい方はここからアマゾンへ 

 

 聞いてみたい方はここからアマゾンへ

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

春と言えば、THE ALFEEの「シンデレラは眠れない」です。

 春の歌はいろいろ紹介したように思います。前に紹介したことがあったかなあ。THE ALFEEの動画がたまたま出てきて見ていたら、そういえば、この「シンデレラは眠れない」も聞きたくなるなあと検索してみました。2009年の映像らしいです。

 っと、埋め込もうと思ったら、NGみたいです。

 かわりに探したら、、、これかな。雨降ってるなあ。

 

 同じような年代のPet Shop BoysとかTears For Fearsとか紹介してますが、日本のグループでこの規模で頑張ってるのはTHE ALFEEくらいじゃないか?すごいなあと思ってます。

 「Starship」も出てきた。レンズマンだよな。

 

 

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

2019年のTears For Fearsのライブ。

 何回紹介したか分かりません。でも、Tears For Fearsは俺の音楽を聴くことのほぼ原点なんだよな。それに、まだまだ頑張っている姿を見せてくれるのはうれしい事です。ローランドは今はこんな髪の色にしたんやとか。カートは変わらずクールな感じで、こんな感じになりたいなと思いました。

 1時間20分ほどのショーですが、ずいぶんファーストアルバムの曲を歌っていて、しかもなんかいい感じで聞けるってすごいな。まだまだ歌ってほしい歌があれもこれもあるって、すごいよな。

Woman in Chainsは女性ボーカルにはきつい曲かもしれないと今回初めて思いました。Oleta Adamsが生きてたらもう1回一緒にやってほしい曲です。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

HARAHELLS?

 毎日飛ばしまくっている、RBCiラジオの「Music Shower Plus+」の今月のお勧めが、HARAHELLSの「女番長サキ先輩」でした。

 なんか中途半端に名前が売れてありふれた歌を歌う、沖縄の諸先輩方に負けないように頑張ってほしいと思える、、、、大事に育てていってほしいなあ。(何目線だろうか?俺)

 ただ、それこそ、SNSの時代だろうから、バッと気持ちよく売れないもんだろうかと思っていますよ。

 それにしても、番組の内容はギリギリなのに、お勧めがお金の問題っていうのもアイロニーか?

 気になった方は、「Tower Records Online」へ下の画像から飛べますので、見てみてください。

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

宇多田ヒカルの「今夜はブギーバック」。

 なんか16歳当時らしいんだよなあ。「Automatic」が15歳なんか?

 世の中が騒いでるほどには、あんまり興味なかったけど、初めて天賦の声だったかと思う動画でした。

 まあ、もう何年前かも分からないけどね。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

ピンクレディー

 去年のレコ大でピンクレディーがメドレーを歌ってる動画が出てきたので載せます。

 すごいなあ。60歳越えでしょう?外人も含めて、60歳でこんなに踊っている人いないよ。つまりは、若くして売れたことと、当時から振付が激しかったことの証明ですよね。

 やっぱり、一時代を築いた証ですよね。

 

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

uaの「ミルクティー」。

 uaは今どうしているやら、分かりませんけど、なんとなく聞きたくなったのが、「ミルクティー」。おかしいか?

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

クリスマスソングでもないけど、Audioslaveの「Gasoline」。

 いつも、馬鹿みたいに酔っ払いバージョンです。いつもそうですからね。

 久しぶりに思い出したのが、Audioslaveの「Gasoline」です。でも、日本人で普通に「ガソリン」って歌う?その辺の感覚が、メカニカルなんだよなあ。俺自身が、プラモデルくらいしかメカニカルな視点がないから、ぴんと来ない。これが、「ハイオクタン」くらいのネーミングやったら、分かりやすいのかも。。。どっちにしても、ロマンティックな曲題ではないよな。ガソリンに火を着けた経験ないもんな。

House is haunted
I just want to go for a ride
Out and on
Before I set this room alight
Left alone forever and for crimes unclear
With my patience gone
Someone take me far from here

Burning that gasoline

New day yawning another day of solitaire
House is honest
Clearly more than I bear
Drag me off
Before I set my world on fire
Out and gone the sun will never
Set tonight

Burning that gasoline

No what for's, only a can
Of red says danger on it
I have found another way
Burning that gasoline

Burning that gasoline

 よく分からんけど、俺的には、やっぱり、こういうメロディアスなのが耳に残る。記憶に残る。

 

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

高野寛と田島貴男の「Winter's Tale」

 作詞の高野 寛も作曲の田島 貴男も独特の存在感なんだよなあ。クリスマスっていうんなら、高野 寛の声も聴きたいなっていう感じです。なんかこの人の声はたまに聴きたくなる。1992年発売って、、、、いつやねん???もう26年前ですか???

 先週の天気予報は外れて、宮古島は完全に雨曇りです。困る。

Winter's Tale Winter's Tale

初めて会ったとき 感じてた

君は特別だって 知ってたよ

もうじきさ Friday 一度だけの Party

雪は街を包む出かけよう

何も言わず振り向いた瞳の中

隠されている意味なら わかる

Winter's Tale 今なら 君の前で告げられそうさ きっと

Winter's Tale あの時 僕の中で夢を見てた言葉

”love, love, and LOVE” 

忘れてなんかないさ 約束は

贈り物はまだ教えない

僕らは この胸の中抱いている

お互いの心 開く鍵を

Winter's Tale 同じ時間の中で 君と出会う予感

Winter's Tale 今 愛し合う二人 ささやいてる言葉は

Winter's Tale…Winter's Tale

昨日の幕が切れて訪れる

これからが 物語の始まり

Winter's Tale 同じ時間の中で 君と出会う予感

Winter's Tale 今 愛し合う二人 ささやいてる言葉は

Winter's Tale…Winter's Tale

歌詞を引くのも困る。外国のやつはゆるいけど、今は日本のやつの方が、コピーが簡単じゃないよ。なんでも金はアカンよな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧