« 今年の冬はやっぱり暖かい。 | トップページ | 今年の宮古島の冬はあったかい。 »

2019年1月27日 (日)

県民投票。

 「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例」の第1条(目的)だけ紹介。「この条例は、普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古計画している米軍基地建設のための埋立てに対し、県民の意思を的確に反映させることを目的とする。」

 工事が進んでいる中での県民投票って、意味があるのかないのか。2択だったのを3択にして、沖縄県民全員が投票できるようにしたようです。賛成、反対、どちらとも言えない?

 結果は大体見えているので、あとは投票率が大切になりますか?去年の知事選が約63%、1996年の「日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小に関する県民投票」の投票率は、約60%だったようです。

 基地どうのこうのと言うより、地方自治の在り方を問うみたいなことでしょうかね?

 宮古・沖縄への旅行は、下の画像から「ジェイトリップ」で探してみてください。

|

« 今年の冬はやっぱり暖かい。 | トップページ | 今年の宮古島の冬はあったかい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の冬はやっぱり暖かい。 | トップページ | 今年の宮古島の冬はあったかい。 »