« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

今年の宮古島の冬はあったかい。

 もう2月に入ろうとしているので、多分今年の宮古島の冬はあったかかったということになるんじゃないでしょうか。最近は晴れる日も多くなってきました。

 気持ちいいので、久しぶりにCBR250Rに乗ろうかと思ったら、まさかのバッテリー切れでした。仕方ないのでもうしばらく放置です。放ったらかしなので、ずいぶんと錆びても来ました。こまめに手入れをしないといけないと分かってたんですけどねえ。

 晴れてきてるので、ちょっとやる気も出てきましたよ。何のやる気かって話ですけど、今日は一応午前中には起きれました。そんな話。

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

県民投票。

 「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例」の第1条(目的)だけ紹介。「この条例は、普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古計画している米軍基地建設のための埋立てに対し、県民の意思を的確に反映させることを目的とする。」

 工事が進んでいる中での県民投票って、意味があるのかないのか。2択だったのを3択にして、沖縄県民全員が投票できるようにしたようです。賛成、反対、どちらとも言えない?

 結果は大体見えているので、あとは投票率が大切になりますか?去年の知事選が約63%、1996年の「日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小に関する県民投票」の投票率は、約60%だったようです。

 基地どうのこうのと言うより、地方自治の在り方を問うみたいなことでしょうかね?

 宮古・沖縄への旅行は、下の画像から「ジェイトリップ」で探してみてください。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

今年の冬はやっぱり暖かい。

 天気は悪いですが、今年はかなり暖かい冬です。平日にたまに晴れますが、休みは天気悪いです。今日は雨が降る予報だったので部屋干ししていますが、結局夕方まで雨は降りませんでした。

 こういう年の夏ってどうなるんやろうなあ。強烈な台風とか嫌やけど。

 

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

宮古島のニュースが全国に。

 あんまりいいニュースじゃないけど。

 地元紙の「宮古新報」のオーナー社長のおじいが、社員にセクハラ・パワハラ。組合が社長交代を訴えると解雇廃業を決定とのこと。騒ぎの後の昨日の新聞をちょろっと見ましたが、1枚、全4ページのペラペラに。まあ、何とも言えません。

 

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

ピンクレディー

 去年のレコ大でピンクレディーがメドレーを歌ってる動画が出てきたので載せます。

 すごいなあ。60歳越えでしょう?外人も含めて、60歳でこんなに踊っている人いないよ。つまりは、若くして売れたことと、当時から振付が激しかったことの証明ですよね。

 やっぱり、一時代を築いた証ですよね。

 

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

今日、宮古島はまた雨。

 仕事始めの昨日は晴れて空を眺めるだけでしたがそれでも気持ちよかったです。

 でも、のんびりできる土曜日の今日は雨です。年が変わってもついてない。

 

 ただ、内地の方は寒いと思うので、あったかい宮古島旅行に興味ある方は、下のバナーから「ジェイトリップ」のページを見てみてください。航空券・ホテルのパック旅行が探せます。

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

子育て支援について思うこと。

 少子化時代で大いに子育て支援を進めてもらいたいと思っていますが、一つだけ引っかかっていることがあります。

 それは、一人親世帯の支援です。

 正確な数字を調べる元気が今日はないですが、沖縄は離婚率が高いので、特に一人親世帯が多いように感じています。離婚も仕方ないよなと思う反面、子どもにとってそれは良い事なの?とも思います。安易に一人親世帯の支援を厚くすることで、逆に一人親世帯が増えそうな気がするなあ。

 沖縄は酒がらみのDVの問題とかあるから一概には言えないけど、なんか安易に離婚しすぎな感じもある。やっぱり、子どもにとっては父母がいて家庭っていう部分はあるよな。固定観念とかじゃなくて、生物学的に。

 親の教育っていうのも考えた方が良いでしょうけど、これは無茶苦茶難しい。俺自身、健康診断後のカウンセリング嫌やもんな。

 

 今日は、「ユノハノモリ」が夕方から頭の中でリピートです。やっぱり、「青ブタ」(と言うらしい)の悲しい感じの連鎖かな。

君へ続く坂道に 白い花が咲いてた

夢から覚めたあとも 悲しい空見てた

この気持ち葉っぱの裏に住んでる

朝露が落ちる音に 耳をすませてるの

神様 あなたが造った世界は 完璧じゃない

ここでは毎日恋がポロポロ 死んでゆく

はじめて好きになったの あなたは知らないでしょう

地球の裏側でいいから そばにいてほしかった

地球の裏側でもいいから 生きていてほしかった

君の背中まぶしくて 白い花に埋もれた

木の上で太陽は 冷たく笑った

手のひらで蝶々の羽がちぎれる

思い出は胡桃のよう 誰に拾われるの?

神様 強く願った未来が完璧なら

今すぐ君のもとへと ヒラヒラ飛んでゆく

はじめてなくしたもの あなたは探せるでしょう?

私を忘れてもいいから そばにいてほしかった

私を忘れててもいいから 生きていてほしかった

私を忘れてもいいから

私を忘れててもいいから

神様 あなたが造った世界は 完璧じゃない

ここでは毎日恋がポロポロ 死んでゆく

はじめて好きになったの あなたは知らないでしょう?

地球の裏側でいいから そばにいてほしかった

地球の裏側でもいいから 生きていてほしかった

 

 

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

2018年末のレコード大賞の最後は何か?スタッフロール?

 第60回日本レコード大賞。。。こんなん止めたらいいねん。

 大賞は、乃木坂46の「シンクロニシティ」で、メロディアスな感じは、俺は嫌いじゃない。今年売れたよと言われたら、ああそうかという感じ。

 問題なのは、周りの人たちじゃないですか?YouTubeでそれらしい動画を見ただけやけど、まず、受賞のシーンが雑。盾かなんか分からんものを、ざっと渡して終わりやん。あれでは、賞の重みもなんもない。

 しかも、大賞受賞曲をバックにスタッフロールって、ありえないでしょ?テレビ局の人たちが自分たちで、賞を軽くしてるようで笑ってしまいました。

 Wiki情報。主催・授与者は、日本作曲家協会ですか。第58回やから2年前の情報コピーですが、

制定委員長  叶  弦大

実行委員長  弦  哲也

実行副委員長 徳久 広司

〈制定委員〉

委 員    内館 牧子
委 員    鴨下 信一
委 員    都倉 俊一
委 員    平尾 昌晃
委 員    渡辺 正一
委 員    渡邉 美佐

〈顧  問〉
       船村  徹

〈常任実行委員〉

委 員    大木真太郎
委 員    岡  千秋
委 員    落合 芳行
委 員    片山  剛
委 員    叶  弦大
委 員    反畑 誠一
委 員    時松 隆吉
委 員    富澤 一誠
委 員    古谷 英一
委 員    湯浅  明
委 員    若草  恵

〈実行委員〉
委 員    大谷 明裕
委 員    志賀 大士
委 員    田尾 将実
委 員    前田 俊明
委 員    水森 英夫
委 員    四方 章人

〈優秀作品賞・新人賞委員〉
委員長    笹森 文彦(日刊スポーツ)
副委員長   山崎 智彦(スポーツニッポン)
幹 事    国分  敦(報知新聞)
委 員    小菅 昭彦(時事通信)
委 員    酒井 政利
委 員    榊原  満(HBC北海道放送)
委 員    清水  満(産経新聞)
委 員    田家 秀樹
委 員    反畑 誠一
委 員    富澤 一誠
委 員    中本 裕己(夕刊フジ)
委 員    西田  浩(読売新聞)
委 員    細井 麻郎(CBC)
委 員    湯浅  明
委 員    吉田 俊宏(日本経済新聞)

〈アルバム賞委員〉
委員長    富澤 一誠
副委員長   萩原 健太
委 員    今井 智子
委 員    大木真太郎
委 員    大谷 明裕
委 員    大野  宏
委 員    片山  剛
委 員    川崎  浩(毎日新聞)
委 員    島﨑 勝良(東京スポーツ)
委 員    時松 隆吉
委 員    宮田  大(MBS毎日放送)
委 員    安田 信博(東京新聞)
委 員    若草  恵

〈作曲家協会選奨・最優秀歌唱賞委員〉
委員長    湯浅  明>
副委員長   山下 伸基(サンケイスポーツ)
委 員    安藤 篤人(東京中日スポーツ)
委 員    岩熊 正道(RKB毎日放送)
委 員    岡  千秋
委 員    落合 芳行
委 員    木村 浩治(デイリースポーツ)
委 員    反畑 誠一
委 員    徳久 広司
委 員    古谷 英一
委 員    四方 章人

〈事務局〉
事務局長  若草  恵
事務局次長 田尾 将実
事務局次長 古谷 英一
書 記   山田ゆうすけ
事務局   小澤 詩子
事務局   小畑 佳代
事務局   小関 美保子
事務局   渡辺 瑛子

らしい。これだけたくさんの人が関わっていて、歴史もあるんやから、やっぱり最後の大賞受賞のシーン、大賞曲をバックにしたスタッフロールはいただけません。テレビ局を変えたらいいとも思いますが、もうそういう時代でもないのかもね。

 

悲しい出来事があると 僕は一人で
夜の街をただひたすら歩くんだ

背中丸め俯いて
行く当てなんかないのに
雑踏のその中を彷徨う

キープゴーイング (ウォウ…)
キープゴーイング (ウォウ…)

すれ違う見ず知らずの人よ
事情は知らなくてもいいんだ
少しだけこの痛みを感じてくれないか?

信号を待つ間に ちょっとだけ時間をいいかい?
この気持ちが分かるはずだ
シンクロニシティ

きっと 誰だって
誰だってあるだろう
ふいに気づいたら泣いていること
理由なんて何も思い当たらずに涙が溢れる

それは そばにいる
そばにいる誰かのせい
言葉を交わしていなくても
心が勝手に共鳴するんだ 愛を分け合って

ハモれ (ウォウ…)
ハモれ (ウォウ…)

みんなが信じてないこの世の中も
思ってるより愛に溢れてるよ

近づいて「どうしたの?」と聞いて来ないけど
世界中の人が誰かのことを思い浮かべ

遠くの幸せ願うシンクロニシティ

だから 一人では一人では負けそうな
突然やって来る悲しみさえ
一緒に泣く誰かがいて 乗り越えられるんだ

ずっと お互いに
お互いに思いやれば
いつしか心は一つになる
横断歩道で隣り合わせた他人同士でも
偶然

抱え込んだ憂鬱とか 胸の痛みも
76億分の一になった気がする

きっと 誰だって
誰だってあるだろう
ふいに気づいたら泣いていること
理由なんて何も思い当たらずに涙がこぼれる

それは そばにいる
そばにいる誰かのせい
言葉を交わしていなくても
心が勝手に共鳴するんだ
愛を分け合って

ハモれ (ウォウ…)
ハモれ (ウォウ…)
ハモれ

泣いてる人のために 僕もどこかで
何も気づかず そっと涙流したい

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

いよいよ宮古島に陸上自衛隊配備。

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨日も記事を書いたところですが、今日も暇なのでちょこっと書きます。

 宮古毎日新聞の新年の5、6部の特集をざっと見たのですが、「陸上自衛隊配備」の事はまったく触れられてなかったんじゃないですか?俺は引きこもりなので感じていませんが、実際に宮古島の景気は良いのかもしれません。クルーズ船に乗ってやってくるたくさんの外国人観光客やら、下地島空港の活用やら、景気のいい話が今年も続くんでしょうね。

 忘れた頃に、宮古島の駐屯地の完成のニュースが流れて、警備部隊の380人がやって来るんでしょうね。誰かさんが言った性犯罪がどうこうという話は論外ですが、単に仕事で移住者が増えるという事でもない。さらに、地対空・地対艦ミサイル部隊の330人がやってくる予定で、射撃訓練場や弾薬庫も整備されるという。

 そりゃ、下地 敏彦市長も、市議会も、辺野古への基地移設反対なんて言えるわけないです。

 俺的には、ヘリコプターがブンブン飛ぶようになったら嫌なので、そうなったらどうしようか考えます。

 それにしても、ここ最近の天気の悪さよ。今日も1日曇り時々雨で終わりました。こういうのが続くとこれまた考えるよなあ。気温は18度ほどあるのであったかいですけどねえ。

 そうそう、昨夜年が明けたらドンドンドンと外で音がしました。何事かと思ったら、遠くで雲が明るくなってました。たぶん花火でも上げてたんでしょうね。

 そのホテルじゃないですが、「シギラベイサイドスイート アラマンダ」。良いみたいですよ。興味ある方は、画像クリックで、「じゃらん」のページへどうぞ。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »