« 高野寛と田島貴男の「Winter's Tale」 | トップページ | 宮古島に久しぶりの日差し。 »

2018年12月12日 (水)

クリスマスソングでもないけど、Audioslaveの「Gasoline」。

 いつも、馬鹿みたいに酔っ払いバージョンです。いつもそうですからね。

 久しぶりに思い出したのが、Audioslaveの「Gasoline」です。でも、日本人で普通に「ガソリン」って歌う?その辺の感覚が、メカニカルなんだよなあ。俺自身が、プラモデルくらいしかメカニカルな視点がないから、ぴんと来ない。これが、「ハイオクタン」くらいのネーミングやったら、分かりやすいのかも。。。どっちにしても、ロマンティックな曲題ではないよな。ガソリンに火を着けた経験ないもんな。

House is haunted
I just want to go for a ride
Out and on
Before I set this room alight
Left alone forever and for crimes unclear
With my patience gone
Someone take me far from here

Burning that gasoline

New day yawning another day of solitaire
House is honest
Clearly more than I bear
Drag me off
Before I set my world on fire
Out and gone the sun will never
Set tonight

Burning that gasoline

No what for's, only a can
Of red says danger on it
I have found another way
Burning that gasoline

Burning that gasoline

 よく分からんけど、俺的には、やっぱり、こういうメロディアスなのが耳に残る。記憶に残る。

 

|

« 高野寛と田島貴男の「Winter's Tale」 | トップページ | 宮古島に久しぶりの日差し。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高野寛と田島貴男の「Winter's Tale」 | トップページ | 宮古島に久しぶりの日差し。 »