« 11月なのに暑すぎる宮古島。 | トップページ | 最近話題の「ふるさと納税」のご紹介。 »

2018年11月14日 (水)

労働力として、外国人を受け入れるのは良いけど。

 国として、労働力として外国人を受け入れるということが議論されているようです。なんかこういうのって、数十年続いているよなあ。

 外国人が日本に来て働いてくれるのは良い事だと思います。対等な立場で外国人が働きに来るということでは。いろいろ話ができたら面白いよな。

 でも、今の議論では受け入れる分野というのがあって、介護の分野でたくさん受け入れたいらしい。

 ここで、おやっていう感じ。俺自身は、外国人のかわいい女性に介護してもらうのはいいですけど、外国人嫌っていう人もいるよな。話の合う地元の人と昔話をしたいなんて良いじゃないですか?

 特定の分野っていうのが、机上の空論というか、勝手すぎる気がする。

 なんか、外国人労働力の受け入れについて、特定の分野だけで受け入れるのはそもそも無理があるんじゃないですか?広く受け入れるっていうのが、グローバル化なような気がする。

 話がずれるけど、外国人を雇用しなくてはならないとする介護の人材に対する待遇が、悪すぎるのが一番の問題じゃないですか?介護の仕事に就きたい日本人なんていっぱいいると思うんです。やりがいを持って働けると思ってる人がいっぱいいると思うんです。

 それなのに、待遇が悪すぎるって何なん?家族持って暮らせないレベルっていうのが一番の問題なんじゃないですか?病院の診療報酬を減らして、介護に回したらいいんじゃないですか。

 これじゃないですか、問題は?おれも、福祉系のバイトをしてますが、安いもんな。。。(愚痴。。。)。介護だけではなくて、医療だけではなくて、もっと包括的な仕組みを考える時期なんじゃないですかね。

 

|

« 11月なのに暑すぎる宮古島。 | トップページ | 最近話題の「ふるさと納税」のご紹介。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月なのに暑すぎる宮古島。 | トップページ | 最近話題の「ふるさと納税」のご紹介。 »