« 風が強いけど、さわやか。 | トップページ | トランプ大統領の娘に、50億円? »

2017年10月29日 (日)

久しぶりに感動した。

 安っぽい感動かもしれませんけど。。。

 これまた何回もご紹介している、Tears For Fearsの「Woman in Chains」です。今回の感動は、もともとオリータ・アダムズが歌っていたパートを男性が歌っていたことです。この男性がゲイなのかどうかは分かりませんが、あきらかにLGBTのご時世を意識しているよな。こういう先進性が芸術の意義だと思うので、すごくうれしくなったし、感動しました。

 この前の動画だと、妊娠中の女性が歌っていたけど、この「Woman in Chains」という歌のそれぞれの時代で聞けるメッセージ性というのに改めて感服しました。

 ローランドもカートも元気そうでよかったです。

 そう考えると、日本の芸術家といわれる人々の鈍感さは末期症状じゃないのか?

|

« 風が強いけど、さわやか。 | トップページ | トランプ大統領の娘に、50億円? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風が強いけど、さわやか。 | トップページ | トランプ大統領の娘に、50億円? »