« 古き良き時代の音楽番組。 | トップページ | しばらくいい天気が続きそうですが。 »

2017年4月 2日 (日)

辺野古に関する新聞報道に思うこと。

 普天間基地の返還の対価として、名護の辺野古に基地を造っているのが現状ですよね。多くの人が辺野古に基地を造るのに反対していて、それで琉球新報でも沖縄タイムスでも作らせないように動いているということですよね。

 琉球新報は読んでないので、沖縄タイムスについてですが、新聞社として反対なのはよく分かったと。。。でも最近思うんですけど、なんかダラダラ今日行われた事の報告になってませんか???なんか気になって、この1週間は結構頑張って読んだと俺自身思ってますけど、何が言いたいのかがよく分からない。年度末に合わせてブロックを落としたという記事がありましたけど、何のためのブロックなのか、どうして年度末なのか、結局よく分からないんですよね。国が法律に違反しているの?法律家とか大学教授の話を出してますけど、誰か積極的に動いてるの???なんか、起こったことを淡々と伝えるって、中立?無力感?なんかこの責任感のなさ。。。新聞社を潰す気でやってほしいよな。

 俺なんかは名護の地元の○○部落の人たちがいいと言ってるんやから作ったらええやんと思っているからね。反対派の人たちは何が何でも嫌だと抗議をしている。国がやっていることは違法なんでしょうか?○○センターの議長は不当に拘束されたんでしょうか?こういうのは地元のマスコミが、ちゃんと立証とか、世論調査をすべきだよ。単に専門家の意見を載せるだけではだめだよなあ。もうちょっと全社的に勉強してほしいと思いますよ。国と対峙しようとするんやったら、それくらいの意気込みでなくては務まりません。

 宮古島の自衛隊配備は、下地市長が再選したんやから、議員が何といってもダメです。配備されて、その後は知りませんけど。。。

 とにかく法治国家なんやから日本は。その元となるのが、国民主権、住民主権です。その意向を選挙で表すというのが一番なので、翁長知事は全面的に国と争ったらいいし、下地市長は自衛隊を受け入れたらいいんです。

 

|

« 古き良き時代の音楽番組。 | トップページ | しばらくいい天気が続きそうですが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古き良き時代の音楽番組。 | トップページ | しばらくいい天気が続きそうですが。 »