« 時々雨。。。 | トップページ | どこでも一緒なんでしょうけど。 »

2016年7月17日 (日)

宮古島市長選挙を見据えて。

 宮古島への陸上自衛隊の配備の是非を焦点化できるのか?

 下地市長に対抗できる候補者が擁立できるか?

 この辺が、自衛隊配備反対派のできることではないでしょうか?俺自身も反対ですが、デモとかに参加する人間ではないので、選挙とか住民投票とかにしてほしいです。住民投票が白黒はっきりつけて、逆に住民を二分するとか言ってますけど、そもそも市長選挙ってそういうことやん?反対派は、ずっと活動し続けて、最初に述べたように選挙の焦点にできるかどうかでしょうね?

 対抗候補について考えると、ちょっと旧態依然なイメージが浮かんで、ぞっとします。亀浜玲子はどうして県議に行ったんでしょうか?市長よりもそっちの方が魅力的ってことなのかな?宮古島生まれっていうんなら、やっぱり女性市長じゃないですか?でも、宮古島って、市井で活躍してる女性は多いけど、政治の世界では少ないんですよねえ。

 俺は、自衛隊配備については反対なので、なんかふと思って、こんな事を書いてみました。

 あと、宮古島に大型客船が来るっていう話ですけど、よく考えたらおかしいよなあ。あの人たちって、半日くらいしかいなくて、海で泳ぐわけでもないんでしょう?イオンか、サンエーかヤマダ電機のためじゃないのか?役所が動いているとは思えないんやけどなあ。黒幕が分からない。。。

 

|

« 時々雨。。。 | トップページ | どこでも一緒なんでしょうけど。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時々雨。。。 | トップページ | どこでも一緒なんでしょうけど。 »