« 入学祝いも宮古島の風習でしょうか? | トップページ | 宮古島は曇り空。 »

2015年4月10日 (金)

窮屈な、ホント窮屈な何でもかんでもニュースになる時代。

 ホント何でもかんでもニュースになってしまう時代になりました。というか、ニュースにしなければならない時代とでもいうか?

 個人的には、どうでもいいことでもニュースになっていると思っています。日本のマスコミしか見ないですけど、良い面と悪い面が混在するようになって来ました。

 良い面で言えば、今日の最高裁判決で、子供がサッカーゴールに向かって蹴ったボールがたまたまかどうか分からんけど、ゴールマウスを越えて道路に出てしまって、そのボールを避けて事故ってしまった老人が結局亡くなってしまったという事故の、ボールを蹴った子の親への賠償の裁判で、無罪の判決とか。結局親から子への適切な指導がなされていたのかどうかが争点だったそうですが、今回は無罪ということです。ただ、状況によってという感じですね。

 小6のころ地域のソフトボールチームに入ってましたけど、地域のグラウンドがあって、ホームベースの後ろにはちゃんとネットがありました。けど、それ以外はなくて、たまに三塁側のほうにボールが高く上がって越えて行って、家のガラスを割ってた様な記憶があります。たぶんこういうような場合だと思うのですが、果たして今だったら、もっと周りを囲うような処置が、必要なのかもしれませんね。

 もう眠いので終わりますが、なんでもかんでも、マスコミが取り上げすぎるっていうのは、いやらしいよなあ。細かいことはええねんなあ。

 そういう意味では、宮古島の2誌は、地元の事を伝えてるんだと思うんですけど、ちょっとルーティン化してるようにも思うんだよねえ。これはまた別の話です。

|

« 入学祝いも宮古島の風習でしょうか? | トップページ | 宮古島は曇り空。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入学祝いも宮古島の風習でしょうか? | トップページ | 宮古島は曇り空。 »