« サラブレッドが一本足を折っても生きていける仕組みはできないか? | トップページ | 今日は宮古島も寒い。 »

2014年12月17日 (水)

今夜は寒い。

 なんかもう何年も寒いことが多くて、どうしようもありません。寒くて仕方ないのですが、まあ、自分が選んで辿って来た道なので、仕方ありません。どこにたどり着くのか分かりませんが、動かないことには温まらないので、どうにかこうにかうごめいています。

 こんな個人的な精神面だけでなくても、、、、

 今日も、2,3ヶ月ほど前に宮古に来た、同年代の人と話をしてて、ちゃんとした仕事が見つからなくて困ってるなんて話を聞きました。ホント、ちゃんとした人が市長にならないと、何でもかんでも変化なく昔のまま流れていってしまいますよね。若いうちから、宮古島で暮らすならやっぱり公務員が良いよな。地元の人でも移住する人でも。

 さむいぃぃぃ。

 俺自身も景気が良くなってるとはこれっぽっちも感じれなくて、光熱費や物価だけが上がっている気がするのですが、多くの人は、自民党の安倍晋三政権を信任したようです。なんか嫌になる。

 

 さむいぃぃぃぃ。

 宮古島の人は、TPPの話で、サトウキビを今まで同様のレベルで買ってもらえるのかを心配しているんでしょうね。そりゃそうしないとどうしようもないでしょと思いますが、10年後はどうでしょうか?買い取り価格どうこうより、あとを継ぐ人がいない畑がたぶん続出すると思います。以前、宮古島では、ハーベスタという機械刈りが他の地域と比べて進まないといっていましたが、今はもう、ずいぶん機械刈りの割合が上がっているようです。土地を持っているお年寄りがもうしんどいというのが理由のようです。それで跡継ぎが居ないとなるとどうなるんでしょうかね。

 

 それにしても、なんで、下地幹郎は国政にこだわるのかな。国政の場で注目を集めたり、沖縄にとってそれなりの成果をもたらすことは、おもろいかもしれませんけど、実際にその成果を見届けることはないですよね。

 そうそう、今回の総選挙では、小選挙区で立候補した人は、落選した人でもみんな比例で当選してしまいました。下地幹郎は、今は維新の党だそうです。あんまりあれこれ変わるのもカッコ良くないんで、これまでにしたほうが良いですよね。

  個人的に、下地幹郎に期待するのは、きちんとした良識を身に着けて、宮古島市に戻ってくることでしょうか?いくらなんでも宮古島市長なら、なれると思いますが、いかにもその後には親類縁者の行列という感じもしますね。これは考えただけでも、おぞましい。あえてそれをするには、やっぱり還暦を迎えた辺りがいいのかもしれませんねえ。

 

|

« サラブレッドが一本足を折っても生きていける仕組みはできないか? | トップページ | 今日は宮古島も寒い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラブレッドが一本足を折っても生きていける仕組みはできないか? | トップページ | 今日は宮古島も寒い。 »