« ウォーキングの楽しみ。 | トップページ | 宮古島は天気が悪くなってきました。 »

2013年12月 8日 (日)

18歳の旅立ち。

 うち(塾です)に来ていた女生徒が、公募制推薦入試というやつで大学に合格しました。今日お母さんと一緒に改めてあいさつに来てくれました。彼女は進路について、前からいろいろ悩んでいたのですが、結局は一番行きたいと決めた大学に合格できました。

 そこでふと出た言葉が、「これから親元離れて4年もあるねんからしっかり考えてガンバらなあかんよ」でした。

 自分でも再確認の言葉でした。宮古島には専門学校や大学が無いので、進学する子供は基本的には島を離れていきます。俺自身はずっと大阪の家から京都にある大学まで電車で片道2時間かけて通っていました。学費も払ってもらって、まあ、ぬくぬくと暮らしていたわけです。それに比べ宮古島の子供たちは18歳で親元を離れて暮らしていかないといけません。若いから期待の方が勝るのかなあとも思いますが、不安も大きいのじゃないかと感じました。

 また、親御さんの経済的負担もかなり大きいと思います。それで、子供に遊ばれて何も身につかなかったんじゃ話しになりません。「しっかり考えて」と言ったのはそのためです。

 まあ、うちで大学入試まで見させてもらった子で、変な道に転落した話はまだ聞かないので、彼女も楽しく大学生活を過ごして、その先も幸せに暮らしてくれると思います。

 

|

« ウォーキングの楽しみ。 | トップページ | 宮古島は天気が悪くなってきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか素敵なお仕事ですね。

投稿: ドン | 2013年12月 9日 (月) 22時22分

まあ、塾の先生なんてすぐに忘れられるんですけどね。

投稿: こうた@宮古島 | 2013年12月14日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーキングの楽しみ。 | トップページ | 宮古島は天気が悪くなってきました。 »