« globe shift | トップページ | 小室哲哉系 »

2013年1月14日 (月)

粉留(おでき)の話。

 正月早々書きました、背中のおできの話。粉留と言うそうで、検索するとすぐに出てきました。

 2年ほど前にも背中に出来ました。どんどん痛くなってきたので、いしみねクリニックに行くと、これはおできで、もう切るしかないと言われました。

 抗生物質を2,3日飲んだ後再診。おできが破裂することもあるそうですが、俺はそうならず。その場で切って中のものを搾り出されました。その後もまだ出てくるからと傷をふさがないようにガーゼを詰める様な処置が2,3日続いて、やっと傷口をふさぐことになりました。これも結構痛かったんです。

 それでやっと治ったと完全に思っていたのです。ですが甘かった。。。

 粉留というのは、毛穴のところの皮膚の下が袋状になって老廃物が溜まる症状だそうですが、処置によって袋を取るわけではないので、再発することがあるらしいのです。そして今回俺は、再発したわけです。

 背中だから特別不潔にしたわけではないんですけどねえ。。。思い当たるのは、ウォーキング後に着替えもせず椅子に座ってたことです。

 今回はかなり前からなんか出来てるなと思っていたのですが、痛くなかったので、自然治癒を願っていました。しかし、残念ながらクリスマス頃から痛み出しました。仕事があるし、朝弱いので、結局受診は正月明けでした。処置は前回と同じでした。抗生物質を2,3日飲んで、月曜日に再診、その場で切開し、中のものを搾り出され、傷口にガーゼ。3日ほど続いて、やっと今は傷口をふさぐために絆創膏です。

 次はもう外科での手術がいいそうです。局部麻酔で、袋ごと取ってしまうともちろん再発しないそうです。ネットで見ると30分ほどの手術で、日帰りだそうなので、今度はそうなりそうですね。

 それにしても、痛いことがイヤだと思っている俺が、結局家族の中で一番痛い思いをしております。はああ。

 そうそう先日大失敗をしました。ビールを3本飲んで、さあ寝ようと思い、いつも通り抗生物質を2錠飲んだんです。そしたらすぐに下痢の症状、頭はクラクラし、心臓もバクバク、、、意識を失うかと思うほどでした。便器に座ったままどれほど時間がたったか分かりませんが、やっとトイレから自分の部屋まで歩く気力が戻りました。薬の怖さを始めて知りました。

 まだ、傷が完全には治っていませんが、今回の粉留話はやっと終わりそうです。

|

« globe shift | トップページ | 小室哲哉系 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« globe shift | トップページ | 小室哲哉系 »