« 台風16号接近。 | トップページ | 文化の違い? »

2012年9月15日 (土)

何事も国家に係わる事は議論を重ねないといけません。

 まあ、俺みたいなのは国政には無関心で来たのです。これからもそのままだと思うのです。

 ただ、現在の民主党政権があまりにも、ホント、あまりにもひどすぎる。。。と、個人的に思うことがあって、今日もしょもないことを書きます。

 一言で言えば、人気取り政党・政権はもう要らんという事です。

 国民の選挙によって選ばれたのでしょう、確かに。。。よって、当選してからは国民の信託を得ている、国民のために、と言う文句も使えます。しかし今振り返って、果たして民主党が国家を良い方向に導いていると言えるでしょうか?いろんな意見があるでしょうが、俺は、「否」です。

 最近の話題では、「尖閣諸島の国有化」です。国有化云々はいいですよ。でも、今日のニュースでは、中国で国交正常化後、最大規模の反日デモ、と出ています。きちんとした対応を取らないと大変なことになりますよ。シタテに出ろ言うのではありません。それこそ「外交」をきちんと行えるのかと言うことです。そもそもなぜ石原都知事が今年に入ってからこんな事を言い出したのか?国がそれに乗る形になったのか?中国体制の刷新の時期を狙ったのかもしれません。とすれば、いつだったか、小沢が天皇の国事行為の慣例を破って批判されました(たぶん、俺も批判しました)が、次の国家主席といわれる、習近平と天皇との会談は、プラス(わずかかもしれませんが)になるでしょう。。。

 難しいことは分かりませんが、とにかくこの件は早めに収束させないといけません。

 逆に、早すぎるやろうと言うのが、政府の原子力発電ゼロ方針決定です。確かに以前から原発に対する是非は言われてきましたが、今日ほど大きく取り上げられたことはありません。しかし、あまりにも早すぎる。。。国民も勉強し、議論する時間が必要です。単に、アンケートをとって、じゃあこうしましょうと言うのはあまりにも安易過ぎる。経済界からは批判が続出だそうです。

 こういう状態のときに、俺はやはり考えたいと思います。ひとつの方針を決めて動き出すのは待ってほしいと思います。

 基本的には、非正規雇用を多用する、現代の大企業経営には批判的です(まあ、俺には関係ないですが)。しかし、エネルギー費用がかさむとか何とかで、海外に移転されては困ります。この辺り、やはり企業の本気度を測る必要があります。

 また、俺たち国民にしても、原発が無かったら電気代が上がり続ける可能性があることを良く考えないといけません。メガソーラーなんていっても、企業活動ですから儲けが出るような買取価格になっています。ですから、発電量はこれから増えるでしょうけど、価格がどうなるのか。俺なんかには良く見通せません。それに、やはり大部分は従来の火力発電に頼ることになるので、例の「温室効果ガス」排出量が増えることは目に見えています。まあ、そんなことは言っていられないと言えばそれまでですが、国際的な環境保全面?(なんて言ったらいいんでしょう)での日本の後退は避けられないのではないでしょうか?

 一応こんな事を書いていますが、まだまだよく分かりません。今回の違和感は、すべてにおいて早すぎると言うことです。決断力が無いのも駄目ですがね。。。もうちょっと大事なところで決断してほしいものです。

 ヤッパリ、しょもない話でした。すみません。。。では、また~(゜o゜)。。。

|

« 台風16号接近。 | トップページ | 文化の違い? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風16号接近。 | トップページ | 文化の違い? »