« 台風3号の影響はなかった。 | トップページ | 今日の新聞から二題。 »

2012年6月 6日 (水)

image of world 0(1)the snow 2

 雪はさらに重くなって、ゆらゆらと降り下りる。メガロポリスには所々大きな縦坑が開いている。大昔人々がこの地から鉱物を採取した名残である。ただ今は、さまざまな配管の出口があって、そこから空気や何かのやり取りをしているだけだ。

 もし地上から雪の降る様子を見たら、白くチラチラと舞う雪が足元の大きな穴の暗黒の中に融けてしまうように見えるかもしれない。逆にそれを下から見上げたら、明々と光る丸い窓から、何か黒い物体がひらひらと舞い落ちてくるように見えるかもしれない。

 ひらひらと黒く舞い落ちる雪。その舞い落ちる雪を地球の底の底から眺める者がいる。この冬の寒さの中、何とも言いがたい表情、驚き、苦悩、悲しみ、諦め、納得、確信、信頼。なんと言っていいのか分からないが、彼女はそんな表情をして立っている。少女と言う年齢ではないが、女性と言うにはまだ幼い。その彼女は決して豪華ではないが身ぎれいに白いブラウスと紺色の長いスカートをはいて、大都市の底に住んでいた。決して裕福ではないが、独りそれなりに暮らしを立てていた。現実を見つめ、それでもなお夢も希望も捨てないやはり普通の女性だった。

 しかし、彼女は今、美術館の彫刻のように動かない。いや動けない。彼女はダイヤモンドのように透明な氷の塊にすでに閉ざされている。いつから彼女はそうなったのだろう。誰も知らないが、時折彼女の目はきらりと光る。さすがにその時ばかりは悲しみの表情で何かを訴えかける。ただ、悲しいかな、今となってはその悲しみさえ知る者はいない。ただただ、その氷の上に雪が降るばかりである。

 しかし不思議なことに雪が降り落ちても積もることはない。彼女の何らかの意思がまだここにあるように、ダイヤモンドのような氷の上に降る雪は瞬く間に消えてしまうのだ。

 

|

« 台風3号の影響はなかった。 | トップページ | 今日の新聞から二題。 »

image of world 0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風3号の影響はなかった。 | トップページ | 今日の新聞から二題。 »