« 宮古島は晴れてますが。。。 | トップページ | 立ちゴケ、衝突危機。 »

2011年9月25日 (日)

ドイツ皇帝博愛記念碑。

 昨日の宮古毎日新聞のコラムに、ドイツ皇帝の博愛記念碑について書いてあったので、思い出しました。

 ドイツ村に立っているのも古い記念碑ですが、こっちの方が本家みたいですね。

 001

 どこにあるかというと、市役所から平良港に降りていく坂道の真ん中あたり左側です。綺麗な看板が立っていますが、碑の敷地は狭く草も生えています。こんな感じです。

 002

 さて、どういう経緯かと言いますと、

 1873(明治6)年7月に、ドイツ商船のロベルトソン号が台風にあって、上野の宮国沖合いで、座礁難破した。宮国の人たちはその乗組員8名を救助し手厚く保護した。そして役人が船を与えて帰国させた。時のドイツ皇帝ウィルヘルム1世はこの話にとても感激し、1876(明治9)年3月、軍艦チクローブ号を宮古島に派遣して、この記念碑を建立した。

 、ということです。

 碑を正面から見るとこうです。

003

 裏面はこうです。

004

 この話があって、上野のドイツ文化村に繋がっているんだと思います。今度はそっちの方の碑も見に行ってきます。

 では、また~(゜o゜)。

|

« 宮古島は晴れてますが。。。 | トップページ | 立ちゴケ、衝突危機。 »

宮古島の史跡・石碑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮古島は晴れてますが。。。 | トップページ | 立ちゴケ、衝突危機。 »