« 磯山さやかのヌード。 | トップページ | 宝貝やと思う貝。 »

2009年7月13日 (月)

ポップでなんか心に残る歌。一十三十一とピチカートファイブ。

 いえいえ、別に大好きってわけじゃないけど、気になる曲のご紹介。一人目は一十三十一、随分前に変な名前って思ってたけど、去年1年は手術と出産で休んでたみたい。再始動となる1曲がこの「ダイヤモンドレールウェイ」。

 「まばゆいほど 白い奇跡 信じたいの 力にして」

 こぼれおちる ダイヤモンド 永遠なの 知らなかった。
 はせる思い 声にならず もどかしくて 青空。」

 なんか耳に残るわあ。ムチャ好きかって言うとそうでもないねんけどね(*^_^*)。もともと、前に出した「今、パークウェイ」って曲を作り直したそうやけど、ずいぶん単純化されて、しかもこの「イェーーー」っていうのが、なんかええわあ。最近みんな若い女の人はそうやけど、子供を産んで変わってきた心情が素直に作品に出てくるよな。俺的にはあんまりそういうの好きとちゃうけど。

 元になったのは、これ。
 「砂の城(白)は 幻なの 笑えばいい そんなものさ
 それでもまた 腕をまくり つかの間のドリーム 本望だ

 砂の城は 幻なの 崩れ落ちる その前に
 舟を出すの 夜更かしして つかの間のドリーム 本望だ。」

 2曲目は、ピチカートファイブ。かなり古いのがCMで使われてて、懐かしかった。「Sweet Soul Revue」です。

 チョコチョコ使われるよね。2・3回聞いたらもうエエか?

 どうぞ良かったら聞いてみて下さいね<(_ _)>。

ランキングに参加中。毎回↓↓クリックお願いしますぅm(__)m。

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

|

« 磯山さやかのヌード。 | トップページ | 宝貝やと思う貝。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磯山さやかのヌード。 | トップページ | 宝貝やと思う貝。 »